予防接種2回目と副反応


ばな太郎3ヶ月突入。2回目の予防注射にいってきました。
今回は肺炎球菌、ヒブ、b型肝炎、ロタ、4種混合と5種類しないといけないんですよね。
さすがにそんなにいっぺんにいいの?って思うけど行ってきました。


空腹じゃないと飲まないかもしれないといわれたロタワクチンは
お腹を空かせていったものの案の定スムーズに飲みませんでした(゚ー゚;A
口からたらーんと垂れたのを先生がもう一度押し込み、それでも飲み込むのが
嫌なのかゴロゴロゴロとうがいみたいにして抵抗してましたが、
最後には泣いた勢いで飲み込んじゃってました。そんなに美味しくないのかな?


注射ではもちろん(笑)泣き叫びしばらくはぐずぐずいっていたものの
無事終了。そこまではよかったのですが夜になるとなんとなく元気がない?
いつもミルクを飲んで寝る(飲まないと眠らないともいう)のに、ぼーっとして
そのまま寝てしまいました。

注射

まぁ、そんな日もあるかなと思っていたら夜中になって発熱。
38.3度でした。熱なんて初めてだからびびってしまいましたよ。
病院に電話したら鼻水や咳などの風邪症状がないから肺炎球菌の副反応だと
思うといわれました。


前回はなんともなかったのにー。今回増えた4種混合が原因かと思ってたよ。
腕もB型肝炎と肺炎球菌を打ったところが赤く腫れてました。
どちらも前回はなんともなかったのに。前回大丈夫だから今回もとはいかないのか…。


熱はあるものの機嫌はよく食欲も抜群だったので自宅で様子をみることになりました。
熱はあったって120cc飲み干すその食欲がこういうときは頼もしいです。


朝には37.5℃に落ち着いていたけれどそこから下がらなくてヤキモキしたけれど
深夜には平熱の36.7度に戻ってくれました。
36.7度。旦那曰く「ばな太郎はほんのり熱い男だぜ」。ほんのり熱いってなんだ(笑)


下がったからよかったけれど肺炎球菌は次も打たないといけないから
また発熱しないか心配です。
ぜーったい間違いなく元気な日に行こう。そうしよう。

にほんブログ村 子育てブログ 2017年早生まれの子へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Theme: 育児日記 | Genre: 育児
Category: 育児

引越し挨拶はいまどきしない?


家具も電化製品も運び込まれて新居もだいぶ片付いてきました。
あとは旦那の荷物がどうなるかです。1人暮らし歴18年で溜め込まれたもの
多すぎ(;゜0゜) 4.5畳の部屋で旦那、6畳に私とばな太郎が寝る予定が
4.5畳は旦那の私物で物置化し(リビングにもあふれてるんですが…)6畳で皆で寝ることに。
そもそもロードバイクで一畳分は取ってるし…。セミダブルのベッド持ってくるって
言ってたけど捨てて正解。絶対入らなかったわ…。


さてさて。先日引越しのご挨拶に行ってきました。
いまどきはしない人も多いらしいけれど、うちはばな太郎がいるので、
泣き声等でご迷惑をおかけするかもしれないのですることにしました。


まずはお隣さん。チャイムを押すと人の気配はするものの
出てこられないので飛ばして次へ。
他は犬を飼っている家も多く、「我が家の方が騒がしいかもしれないから
気にしないでください」と気さくなお宅が多かったです。

家

夕方になってもう一度お隣を訪れると60代くらいの女性がでてきて
「引越しの挨拶に回られてるんでしょ?ここは近所付き合いは
全然しないから皆さん普通はそういうことしないんですよ」と言われてしまった(T_T)
そして町費は払うけれど町内のつながりもないとも。


それでも旦那が「三ヶ月の子がいるのでご迷惑をおかけすることも…」と言うと


「あら?お腹に?」って言われた。゚(゚´Д`゚)゚。


あぁーー。この腹肉が!
産後6キロ戻ってないですよーー。゚(゚´Д`゚)゚。
つ、辛い。


とにかくご挨拶を終えお隣を退散しました。
お隣さん、入り口に小さい柵があるので小型犬を飼っているんだろうと
話していたのだけれどどうもそうじゃない。
入ってくるな的柵だったらしい。


あぁ、ばな太郎が泣いて迷惑をかけたらどうしよう。
管理組合に苦情の電話入れられたりして…。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Theme: 日記 | Genre: 日記
Category: 日々

「RINGO」のアップルパイ


地下街にアップルパイ専門店「RINGO」がオープン。
東京に続く2店舗目が福岡ということで話題になっています。
同じく地下街にオープンして未だ行列ができているベイクの系列店なんだとか。
ベイクの記事はこちら  そっか。この頃はまだ新人くんと付き合ってたんだ。月日の流れは恐ろしいわ


アップルパイ好きの母親はオープン前から気にしていて、
先日行ってみたら、「これ以上行列ができると迷惑になるので一時間後にまた来てください」と
言われたそうな。そして昨日リベンジに朝一で出かけて見事ゲットしてきてました。


1人4つまでだったそうで3回並んだんだって(^-^; )
それでも昨日は空いていたそうで一時間かからないくらいだったそうです。
それを父親の事務所の皆様におすそわけ。
私もついでにありつけました。

アップルパイ

リンゴがたっぷり。
カスタードクリームが美味しかった(´∀`*)
アップルパイが苦手な妹も食べられたそうです。美味しかったとは言わなかったけど…

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Category: 日々

腹減りのときは泣き声の激しさが違いすぎる


保健所の助産師さんの指導以来、7時、16時、23時の1日3回だけ
ミルク100cc。それ以外は母乳を飲ませていたら体重増加が1日26グラムで
なんとか適正範囲におさまってくれました。


ネットで赤ちゃんの体重の悩みを調べていると、体重が増えない悩みばっかりで、
体重が増えすぎて悩んでいる人が見つからない…。
ばな太郎や…。


助産師さんが「赤ちゃんは満腹中枢が発達していないから、
お腹いっぱいが分からないで飲みすぎてしまう。それで飲みすぎて
吐き戻す子もいるんですよ」と言っていたけれど、
そういえば倍の量のミルクを与えていたときもばな太郎は吐き戻したことないや…(ノ_<)


サスペンスドラマの死体が口からたらーんと血を一筋垂らして死んでいるみたいに、
口からたらーんとミルクを一筋垂らして虚ろな目(眠い目だけど)をしていたことが、
新生児の頃はよくあったけれどそれくらい。そういえばこれやられるとどうかしたのかと思って毎回びびってたなぁ(笑)

手

これでうまくいっていたのに最近は100ccじゃ足りないと泣くようになってしまった。
仕方がないので120ccあげたら1日は満足してくれたけれど、翌日からはそれでも
足りないと泣くようになってしまった。おいおい。


以前はミルクのときはガーゼをあてないとこぼしていたのに、
最近はこぼさずに飲むようになってしまったし。
いや、それは進歩なんだけども。


僕は早生まれだけれど同級生には負けないぜ!
大きくなるから一滴だって無駄にはしないさ。ミルクもっとよこせー。


いやいや。充分です。充分大きくなっていますよ。
友人の子に初めてあったとき(4ヶ月か5ヵ月だったかなぁ)今の君くらい
だった気がするよ。君まだ2ヶ月半なんだよ…。自重してください。

にほんブログ村 子育てブログ 2017年早生まれの子へ
にほんブログ村

Theme: 育児日記 | Genre: 育児
Category: 育児

犬と赤ちゃんは一緒に暮らせますか?


旦那は独身時代から犬を飼っているので同居をどうするのか
以前から話し合っていました。なにしろそのワンコがトイレ以外のしつけが
できていなくって( ノД`) 旦那がびしっとしつけてくれていたら悩まずにすんだのにー。
メゾネットタイプの家で一階二階に別れて暮らせばいいのでは?となったものの
ちょうどいい物件が見つからなかったんですよ(ノ_<)


ところで、私の母は犬は不潔な生き物だと思っていて犬との同居に大反対でした。
私としては付き合う前から犬飼ってるのは知っていたし、工夫して一緒に住もうと
思っていたのだけれど、それを言ったら母に「お母さんはあなたのことを思っていってるのに!」と
キレられました…。


母としては犬は旦那の実家に預ける以外の選択肢は認めないという意向なのです。
旦那も産後の3ヶ月くらいは実家に預けようかなと言っていたのですが、
親戚達(トリマーと犬の調教師)から飼い主と引き離すなんてひどすぎると攻め立てられ
諦めたといういきさつがありました。まぁ、母の場合は無期限で預けてなんですけどね。

犬と赤ちゃん
※ 写真はお借りしたものです。

そんな折レトリーバーが赤ちゃんをかみ殺す事件が起きてしまったものだから…。
母は父から旦那に犬を実家に預けるよう説得させたんですね。
結果、ワンコはしばらくの間は旦那の実家で預かってもらうことになったわけです。


が、それ以来旦那が「ドナドナ」を歌って「○○(ワンコの名前)が悲しそうな瞳でみているよー」と
言ってみたり、「○○は実家に預けられて正解だ。××家(私の実家)では邪険にされるけれど
、うちなら母も父も姉も甥も姪も○○くんがくるの楽しみ~って言ってくれるから」と
ラインを送ってきたり、「ばな太郎が寝てくれなくて辛い」とラインを送ると「○○はちゃんと寝てる。
おりこうさんだ。俺は○○と眠りにつく」と返信してきたりするのです(T_T)


最初はワンコと離れ離れにさせてしまって悪かったと思っていたのですが、
段々、私だって辛いよ。ネチネチネチネチネチネチ言われてさと言いたくなり、
そんなときにばな太郎が泣き止んでくれなかったりすると私も涙が浮かんできます(T_T)


だったらもうワンコ連れてきたらいいさ。と思うのです。
でも怖くもある。赤ちゃんと犬との暮らしをネットで調べているとそれってしつけがきちんと
されていることが前提だよねというのばかりで、しつけされていない犬との共存の話が
でてこないです。


あと、赤ちゃんと犬を同じ空間にいさせるときはきちんと見ていましょうって
あるけれど、レトリーバーの事件のときは祖父母が一緒にいたらしいのですよ。
…犬の瞬発力に人間が敵うわけがないよね。


ということは一緒にはしないのが一番安全なんでしょうね。
まぁ、悲しい事故が起きたり、犬アレルギーになったりなんていうのは
滅多におきることではないと思います。


うちの場合は吠え癖がすごいことが大問題!
ばな太郎もワンコも泣きやまないなんてことになったら私も一緒に泣くしかない( ノД`)
旦那よ、仕事から疲れて帰ってきたら妻と息子とペットが泣いているという日々はどうかね?


にほんブログ村 子育てブログ 2017年早生まれの子へ
にほんブログ村


滅多にないといっても事件は起きたし、
滅多にないだろうに私は妊娠中に交通事故にあったし、
滅多にないけど絶対ないわけじゃないし…。
Theme: 育児日記 | Genre: 育児
Category: 育児